節約女子が実践するハンドメイドコスメ!話題の手作り化粧水や自然派石鹸

趣味

「節約中でもおしゃれに女性らしく生活したい」そんな節約女子の願いを叶える、ハンドメイドで作れるモノを集めてみました。SNSでも話題となっている手作りコスメや、おしゃれなアクセサリー・雑貨なども紹介します。

節約女子におすすめのハンドメイドコスメ

節約中は、毎月の美容代はできるだけ抑えたいですよね。

そこで、ドラッグストアや家にあるもので作れるハンドメイドコスメを3つ紹介します。

2つの材料で作る化粧水

ドラッグストアなどで手に入るプチプラ化粧水は、水と少しの保湿成分で作られています。普段からプチプラの化粧水を使っている、シンプルな化粧水で十分という人は、2つの材料で作る手作り化粧水がおすすめです。

材料は、「精製水」「グリセリン」の2つだけです。きれいに洗った容器に、化粧水として使いたい分の精製水を入れ、そこへ5~10%の分量になるようにグリセリンを入れて混ぜれば完成です。

精製水は安いもので700円(1,000ml)、グリセリンは400円(100ml)で販売されているので、合わせても1,100円しかかかりません。プチプラ化粧水で有名なハトムギ化粧水も500mlで900円するので、かなりの節約になります。

余ったアイシャドウでつくるシェーディング

小顔効果をもたらしてくれるシェーディングは、安いものだと100円ショップでも購入できます。しかし、もし自宅に余ったブラウン系のアイシャドウがあるなら、それを使ってスティックタイプのシェーディングをつくることができますよ。

材料は、「安いリップスティック」「余ったアイシャドウ」の2つです。安いリップスティックは、2個セット100円以下で売っているものや、最後まで使いきれなくて余ってしまったリップでもOKです。

金物の小皿にリップスティックの中身を全て取り出し、熱を加えて液状に溶かします。溶かしたところに余ったアイシャドウを入れて混ぜます。アイシャドウが完全に混ざったら、固まる前にリップスティックの容器へ流し込み、冷蔵庫で1時間以上冷やし固めて完成です。

ほかの色のアイシャドウを混ぜることで、クリームアイシャドウやチークを作ることもできます。100円で新しいコスメを買うよりも無駄がなく節約になります。

オイルでつくる自然派石鹸

自然素材でつくられた石鹸は、お店で買うと1つで1,000円以上することもある高級品です。しかし、材料は「油脂」「苛性ソーダ」「水」で作られていることがほとんどで、この3つを用意すれば、自宅でもおしゃれな自然派石鹸をハンドメイドできます。

油脂はオリーブオイル、ココナッツオイル、キャノーラオイルでも作れます。ここでは、泡立ちが良く洗浄力も高い、ココナッツオイルを使った分量を紹介します。

ココナッツオイル500g、苛性ソーダ80~95g、水175gを用意します。水と苛性ソーダをゆっくりと混ぜて水溶液を作ります。オイルは冷たいと混ざりにくくなるので、湯銭で40℃くらいに温めておきましょう。

水溶液と温めたオイルを泡だて器で混ぜて攪拌(かくはん)します。分離しないように、しっかり混ぜましょう。このときアロマオイルなどを入れると、香りがつきます。白っぽくなったら容器に入れて固めれば完成です。

ハンドメイドコスメで節約しながらキレイをゲット

節約女子が実践するハンドメイドコスメを3選紹介しました。手作り化粧水は、市販のコラーゲンやビタミンC誘導体を入れて自分のお肌に合わせてアレンジできますし、石鹸も花びらを入れるなどして見た目をおしゃれにすることもできますよ。どれもドラッグストアなどで材料が手に入るものばかりなので、気になるレシピはぜひ実践してみてくださいね。